ホーム    > 筑後川における水資源機構の役割
  筑後川における水資源機構の役割
筑後川における水資源機構の役割 筑後川局の組織図 筑後川局へのアクセス

 我が国は、国土の面積が小さく急峻な地形をしており、降った雨は短時間で海へと流れてしまいます。降水量は世界的に見ると多いものの、梅雨期と台風期に集中する傾向にあり、季節によってばらつき、河川の水量が多い時期と少ない時期を繰り返すことにより、大洪水や水不足となって、私たちの生活や経済活動に大きな影響を与えています。近年では、特にその傾向が顕著に現れており、安定的な水供給が望まれているところです。

 そのため、洪水を防ぐとともに年間を通じて一定の量を河川から取水できるようにダムや堰、河川から農地や浄水場まで導水するための水路を整備する必要があります。

 そのようなことから水資源機構は、九州随一の河川である筑後川において、筑後川水系の水資源開発基本計画に基づき、水道用水の確保といった利水目的と洪水調節、流水の正常な機能(既得用水の確保や河川環境の保全など)の維持と増進といった治水目的をもった小石原川ダムを建設するとともに、既に完成している筑後川下流用水、福岡導水を含めた完成施設(江川・寺内・大山ダム、筑後大堰)の管理を一貫して管理を行っています。

「安全で良質な水を安定して安くお届けする。」これが水資源機構の経営理念です。

 ライフサイクルコストの観点も含めたコスト縮減、円滑な事業実施のための関係機関との連携、水質を含めた環境の保全に関する配慮、ライフライン確保等の観点からの適切な危機管理、水源地域の保全・活性化等に継続的に取り組むことなど、総合力に優れた水のプロ集団として利水者・国民のニーズに応えていきます。

ホーム    > 筑後川局の役割



本ホームページに記載されている記事・写真の無断転載を禁じます。著作権は水資源機構筑後川局に帰属します。
MIZUSHIGEN KIKOU CHIKUGOGAWAKYOKU All Rights Reserved , Copyright(C)2006