大発見トップ ちくごがわってどんなかわ? みずのたび りゅういきのようす すいがいのきろく みずぶそく ちくごがわのしせつ かっぱでんせつ
水害をふせぐには?

暮(く)らしに大(おお)いに役立(やくだ)つ水(みず)が、恐(おそ)ろしい表情(ひょうじょう)を見(み)せることがあります
筑後川(ちくごがわ)は、いつも私(わたし)たちにやさしいわけではありません。洪水(こうずい)のおこる回数(かいすう)の多(おお)さ、その被害(ひがい)の大(おお)きさ、そしていつ起(お)こるかわからない気(き)まぐれさに、流域(りゅういき)の人々(ひとびと)は、長(なが)い間(あいだ)悩(なや)まされてきました。たくさんの水(みず)は、とても便利(べんり)にしてくれますが、時(とき)として多(おお)くの生命(せいめい)や貴重(きちょう)な財産(ざいさん)を一瞬(いっしゅん)にしてうばうこともあります。

発生年
はっせいねん
総雨量
そううりょう
被災者
ひさいしゃ
はんらん面積
      めんせき
しんすい戸数
       とすう
明治22年
多量 多数(死者73人) 多大 約6000戸
大正10年
360ミリ 多数(死者65人) 多大 多数
昭和28年
705ミリ 54万人(死者147人) 505k 74,000戸
昭和54年
556ミリ 3,800人 190k 1,443戸


40年以上前、筑後川史上もっとも大きな被害をだした
昭和28年災害(しょうわ28ねんさいがい)
   
数(かず)ある洪水(こうずい)の歴史(れきし)の中(なか)でもっとも大(おお)きな被害(ひがい)を出(だ)したのが、昭和28年6月(しょうわ26ねん)の大水害(だいすいがい)です。
記録的(きろくてき)な豪雨(ごうう)により、100ヶ所以上で堤防(ていぼう)がきれ、被災者約54万人(ひがいしゃ54まんにん)、流(なが)された家(いえ)は1万2千戸以上、被害総額(ひがいそうがく)は、今(いま)のお金(かね)に計算(けいさん)しなおして2,200億円(2200おくえん)にものぼりました。そのはんらん面積(めんせき)は、一般的(いっぱんてき)なサッカー場の約5万倍(やく5まんばい)!いかに大(おお)きな水害(すいがい)だったかわかるでしょう。
 
 
洪水(こうずい)におそわれた久留米市街部(くるめしがいち)
大水(おおみず)におそわれた原鶴温泉街(はらづるおんせん)

昭和橋(朝倉郡)のだく流

筑後川大発見トップページへ戻る筑後川局トップページへ戻る




本ホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます
著作権は水資源機構筑後川局に帰属します

MIZUSHIGEN KIKOU CHIKUGOGAWAKYOKU All Rights Reserved.
Copyright (C)2003