大発見トップ ちくごがわってどんなかわ? みずのたび りゅういきのようす すいがいのきろく みずぶそく ちくごがわのしせつ かっぱでんせつ

みずのたび

 

「私(わたし)たちのくらしを支(ささ)えている水(みず)は、いったいどこから来(く)るのだろう?使(つか)った水(みず)はどこへいくのだろう?」 ・・・・・そう思(おも)ったことはありませんか?




私(わたし)たちが一度(いちど)使(つか)った水(みず)は、筑後川(ちくごかわ)から有明海(ありあけかい)に流(なが)れ込(こ)み、蒸発(じょうはつ)して雲(くも)になり、雨(あめ)として落(お)ちてきたり、地下水(ちかすい)などになったりします。

つまり、姿(すがた)や形(かたち)を変(か)えながら、地球上(ちきゅうじょう)を移動(いどう)しています。またその間(あいだ)、汚(よごれた)れた水(みず)は浄化(じょうか)され、きれいな水(みず)として、私(わたし)たちの元(もと)に戻(もど)ってきます。

みんなで使(つか)う水(みず)だからもっと大事(だいじ)に使(つか)いたいですね。

 

筑後川大発見トップページへ戻る筑後川局トップページへ戻る


本ホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます
著作権は水資源機構筑後川局に帰属します
MIZUSHIGEN KIKOU CHIKUGOGAWAKYOKU All Rights Reserved.
Copyright (C)20023