モニタリング部会

 小石原川ダム環境保全対策検討委員会は、平成30年3月に新たな段階としてダム等の管理に係わるフォローアップ制度に基づく『九州地方ダム等管理フォローアップ委員会 小石原川ダムモニタリング部会』に移行しました。 このフォローアップ制度では、建設後期から管理初期段階までの移行段階において、フォローアップ調査(河川水辺の国勢調査)の内容よりも詳細に環境変化などを分析・評価するために、モニタリング調査を実施することとしています。 小石原川ダムでは、環境保全措置等の効果の把握、環境変化の把握、事業効果等の把握を目的としてモニタリング調査を行い、調査結果の分析・評価において小石原川ダムモニタリング部会の指導・助言を得ながら事業を進めており、議事要旨と部会資料を公表しています。

対策検討委員会

 独立行政法人水資源機構朝倉総合事業所は、小石原川ダム建設事業における環境保全対策やモニタリングの実施に関して、総合的な観点から指導・助言を得るため『小石原川ダム環境保全対策検討委員会』を平成20年7月に設置し、委員会の議事要旨や委員会資料を公表してきました。