両筑平野用水二期事業について

両筑平野用水二期事業とは

女男石頭首工とその下流域

女男石頭首工とその下流域

両筑平野用水施設は昭和50年(1975年)の管理開始以来、肥沃な農業地帯である両筑平野地域へ用水を補給し、食料供給基盤を支える施設としての機能や、福岡・佐賀両県内の生活用水や朝倉市工業用水を供給する重要なライフラインとしての機能を果たしてきました。

管理移行から30余年が経過し、施設の老朽化に伴って施設の機能低下が進行しており、安定的な用水供給の確保や施設の安全確保への危惧が生じてきました。

また、両筑土地改良区が管理している水路施設では、兼業農家の増加に伴う水利用時期の集中化や操作員の高齢化等に加え、施設の老朽化や湧水・ため池等の地区内補助水源の減少により、きめ細やかな配水操作への対応に困難を来してきました。

このため、両筑平野用水二期事において、老朽化した施設の改築・更新を行うとともに、配水形態を踏まえた施設の改善や水管理システムの導入を行うことにより、水の安定供給と施設の安全性の確保を図ることとなりました。

事業工期は、平成17年度から平成29年度の13ヶ年間で、総事業費は約210億円です。

両筑平野用水二期事業の目的

水管理の適正化

施設の老朽化により、埋設管からの漏水が頻繁に発生したり、トンネル内の亀裂発生などにより、安定的な水の供給や施設の安全確保が難しくなっているため、施設を改築・更新することで施設の安全性の回復などが図られ、適正な水管理を行うことが出来るようになります。

施設改修により施設を長持ちさせ漏水を防ぎます。

合理的な水利用

配水操作が人力による現場作業のため、水量の変更や緊急時の迅速な操作などの対応が困難なことから、管理所一括集中で遠方制御による配水操作を行うことで、合理的な水利用の実現を図ります。

迅速な配水対応を可能とする水管理システムを構築します。

ページの先頭へ戻る