事業 寺内ダムの目的と役割

寺内ダムの目的と役割(治水編) > 洪水調節のために(目的4)

洪水調整のために


 ふだんはおだやかに流れる筑後川。しかし昔から大雨になると、恐ろしい「洪水のキバ」をむき出し、流域に悲惨な水害と大きな被害を及ぼしてきました。



 その恐ろしい洪水を防ぐのが、寺内ダムの洪水調節機能。大雨によって増水した川の水量を、筑後川の上流の松原ダム・下筌ダムと一体となって調節し、下流の人々の生命や財産を守っています。いざ大雨!そのとき、一生懸命頑張って、流域の人々の暮らしを守る寺内ダムです。

放流する時の管理所の仕事の流れ

雨の降り始め
待機解除
水位が低下
洪水調節の終了
独立行政法人 水資源機構 朝倉総合事業所 寺内ダム管理所
〒838-0029 福岡県朝倉市荷原1516-6 Tel 0946-22-6713(代表)
ご意見・ご感想はこちらへどうぞ  sakura123@lion.ocn.ne.jp

 【アクセスマップ

独立行政法人 水資源機構 朝倉総合事業所 
〒838-0019 福岡県朝倉市上秋月1373-1 Tel 0946-25-1100(代表)
朝倉総合事業所HPはこちら


Copyright (C) TERAUCHIDAM. All rights reserved 《サイトポリシー