ちょっと雑学

 

ちょっと雑学 > |クイズ節水の工夫|昔も今も水といっしょ|おたまじゃくしの飼い方めだかの飼い方

昔も今も水といっしょ

おおむかしイラスト おおむかし、古代文明のおおくは、大きな川のほとりで始まりました。豊かな水が農作物に必要だったからです。

すすむ矢印


人がふえてくるとイラスト 人がふえてくると、色々な目的でたくさんの水が使われるようになり、川からはなれたところへも水がはこばれるようになりました。

すすむ矢印


そしてダムがつくられるイラスト  そして、川の水を上手に利用するために、ダムがつくられました。
  ダムは、水をせきとめることによって大きな水ガメをつくり、大雨の時や雨の足りない時に、川に流れる水の量を調節するはたらきをしています。

独立行政法人 水資源機構 朝倉総合事業所 寺内ダム管理所
〒838-0029 福岡県朝倉市荷原1516-6 Tel 0946-22-6713(代表)
ご意見・ご感想はこちらへどうぞ  sakura123@lion.ocn.ne.jp

 【アクセスマップ

独立行政法人 水資源機構 朝倉総合事業所 
〒838-0019 福岡県朝倉市上秋月1373-1 Tel 0946-25-1100(代表)
朝倉総合事業所HPはこちら


Copyright (C) TERAUCHIDAM. All rights reserved 《サイトポリシー