独立行政法人水資源機構
阿木川ダム管理所
ダムの目的
 阿木川ダムは、洪水調節、河川環境の保全等及び新規利水(水道用水、工業用水)の供給を目的とした多目的ダムです。

梅雨や台風などで大雨がふった時、ダムに流れてくる水を貯め、調節してゆっくり下流に流し水害がおきないようにします。

洪水から下流の人々を守ります。

 阿木川ダムは、100年に1回の確率で起こる大洪水を想定し、1秒間に850mもの水がダムに流れ込んでも、730mを一時的にダムへ貯めることにより、下流の被害を減らすように計画されています。このために洪水期の6月1日から10月15日の間はダムの貯水位を満水位より11.5m下げて、洪水調節のために必要な容量1,600万m3を確保しています。
洪水調節効果
平成3年のダム完成以来21回(平成28年度まで)の洪水調節を行い平成12年9月の東海豪雨では、毎秒743㎥の洪水を毎秒120㎥にまで低減しました。

 長く雨がふらないと川の水が少なくなり、川にすむ生物が大変です。このようなときに、ダムに貯めている水を下流に流します。
 阿木川ダムでは、ダムに蓄えられている600万m(洪水期)、または、2,200万m(非洪水期)の水を利用して、味噌川ダムとともに、木曽成戸地点(岐阜県海津市海津町)において、毎秒30mの流量が確保されるように水を流します。

 川に水が豊富にあるときにダムに水をため、川の水が少なくなったときに、その貯めた水を流すことで、家庭や工場で必要な量の水を使えるようにします。
 

阿木川ダムでは、ダムに蓄えられている2,200万mの水を利用して、岐阜県東濃5市(中津川市、恵那市、土岐市、瑞浪市、多治見市)の水道用水、愛知県10市1町(瀬戸市、春日井市、刈谷市、東海市、大府市、尾張旭市、高浜市、豊明市、日進市、東郷町、長久手市)の水道用水、愛知県6市2町(名古屋市、豊田市、東海市、大府市、知多市、みよし市、阿久比町、東浦町)の工業用水に使用するため、最大毎秒4.0mの水を流します。
トップページ>ダムの目的
下流河川への土砂還元 下流河川への土砂還元
空芯菜の水耕栽培 空心菜の水耕栽培
地域との連携 地域との連携
阿木川ダムの概要
ダムの構造
ダムの目的
ダムの管理

過去の洪水情報
過去の貯水情報
水質情報
水質保全

阿木川ダムの入札公告情報

イベントニュース
阿木川ダムのブログ
ダムフォトスポット
パンフレットのダウンロード
ダム情報 ダム情報 アクセス アクセス 問い合わせ 問い合わせ サイトマップ サイトマップ