環境マネジメントシステムの取り組み
環境方針【PDF:111KB】

独立行政法人水資源機構は、事業の実施にあたり、環境への負荷の少ない持続的な発展が可能な社会の構築や良好な地球環境保全に資することが当機構の社会的責務であるとの認識にたち、これまで種々の環境保全に対する取り組みを行ってまいりました。
 この取り組みをより一層充実させるため、中部支社および管内の豊川用水総合事業部、木曽川水系連絡導水路建設所、愛知用水総合管理所、木曽川用水総合管理所、岩屋ダム管理所、阿木川ダム管理所、味噌川ダム管理所、徳山ダム管理所、三重用水管理所では、国際規格ISO14001に基づく環境マネジメントシステムを導入し、今年度の認証取得に向けて取り組みを実施しています。なお、長良川河口堰管理所においては、平成19年6月にISO14001の認証を取得しています。
 今後、良好な環境保全のために、職員一人ひとりの環境意識の向上を図りながら、環境マネジメントシステムの運用を適切に行っていきます