自然に優しくする工夫
  豊川用水は、貴重な動物や植物がいる自然豊かな山のすそ野や谷間に水路を設置しています。
このような地区で改築工事を行うときには、貴重な動物や植物の生態調査などを行い、水路を造る位置や騒音や振動、夜間の照明にも気を配って、貴重な動物や植物の保護に努め、環境に優しい改築事業となるよう取り組みをしています。
オオタカの成鳥 貴重な鳥の調査状況
 水資源機構では、事業活動に伴う様々な環境保全の取組を全社的に行っており、平成27年度の取組についてまとめた「環境報告書2016」を以下のホームページで公表していますので、是非ご覧下さい。