古くなった水路を元気な水路に
豊川用水には、完成から30年以上が過ぎた水路もあり、コンクリートのひび割れや古くなった水路から水漏れが起きています。もしも、豊川用水が断水するような大きな事故が起きれば、農業や工業、人々の生活に与える影響は計り知れません。
 このため、新しく水路(併設水路)を造って古くなった水路を地震などの災害に強い元気な水路に改築して、「必要な時に、必要な量」の水を送るための事業が、豊川用水二期事業です。
 この事業では、他に豊川用水の支線水路の一部の改築や牟呂松原用水を、汚れた水ときれいな水とに区別して、きれいな水を田畑や浄水場へ送るように、3連式の水路に改築する工事をしています。
ひび割れした古い水路と
新しい水路
ひび割れた水路 新しい水路のトンネル工事 新しい水路の大きな管