1. ホーム >
  2.  
  3. 水資源機構について >
  4.  
  5. 経営理念

経営理念

「安全で良質な水を安定して安くお届けする」

 水資源機構は、国民生活・経済にとって特に重要な水に携わる政策実施機関として、安全で良質な水を安定して安くお届けするとともに、洪水のはん濫被害から地域を守り、安全で豊かな社会づくりに貢献します。
 気候変動による異常渇水・異常洪水の発生、地震等による大規模災害の発生、施設老朽化の進行など、近年顕在化し増大しつつある水に関するリスクに対し、水のプロ集団の持つ技術力を活かして、的確に課題解決を図ります。

経営方針

  • 機動的な組織運営・効率的な業務運営
  • 徹底的なコスト縮減
  • 計画的で的確な事業の実施・施設の管理
  • 環境保全への配慮
  • 危機管理
  • 説明責任の向上
  • 事業関連地域・関係機関との連携促進

CI(コーポレイト・アイデンティティ)メッセージ

「水がささえる豊かな社会」
 水資源機構は、「安全で良質な水を安定して安くお届けする」ことをモットーに社会(=お客さまである国民のみなさまのくらし)にゆとりのある豊かな生活をもたらし支えていくことを使命としています。

ページトップへ