1. ホーム > 
  2. 様々な取組み > 
  3. 環境への取組み > 
  4. 水質年報

水質年報

「平成21年 水質年報」について

水資源機構では、よりよい水質の確保に向けた取組のベースとして、貯水池等を中心に定期的な水質調査を行っています。
こうした水質調査の状況や、当機構施設の水質状況について、広く国民の皆様にも知っていただけるよう、環境情報の発信の一環として、毎年、水質年報としてとりまとめ、公表しているところです。
このたび平成21年の各管理施設における水質状況をとりまとめた平成21年水質年報を作成しました。
本年報により、当機構施設の水質状況や取組をご理解いただくとともに、水質に関する基礎的なデータの一つとしてご参照いただけましたら幸いです。

1.平成21年 水質年報

平成21年水質年報

1.水質年報の構成、内容について
2.各施設における水質調査の実施状況
3.平成21年の気温と降水量の概況
4.平成21年の水質の概況
 4.1 各水系の水質の状況
 4.2 ダム貯水池における水質の状況
 4.3 植物プランクトンの異常増殖及び濁水長期化の状況
 4.4 水質事故発生の状況
5.水質の保全・改善への取組み

2.個別施設の状況

利根川・荒川水系

豊川水系

木曽川水系

 

淀川水系

吉野川水系

筑後川水系

 
Get ADOBE READER

※PDF(Portable Document Format)をご覧になるには「Adobe Acrobat Reader」(無料)が必要です。
左のアイコンよりダウンロードして下さい。

ページトップへ