2017年11月14日

11月10日 新浜ビオトープでお魚里帰り作戦を実施しました


 平成29年11月10日(金)、琵琶湖湖畔の新浜ビオトープ(草津市新浜町)において、ここで産まれたフナ・コイなどの稚魚を琵琶湖に帰す活動「お魚里帰り作戦」を職員直営で実施しました。 当初の計画では、10月22日に参加申し込みのあった子供さん達と「お魚里帰り大作戦」として実施する予定でしたが、台風21号の接近に伴い中止としたため、職員が自ら実施したものです。
 当日は、職員14名が参加し、在来魚であるコイ約20匹、フナ類約600匹を琵琶湖に帰すとともに、ブラックバスやブルーギルなどの特定外来生物については約150匹駆除を行いました。 また、滋賀県立大学修士課程の西平さんからフナ・コイに寄生するフタゴムシに関する話を伺い、琵琶湖の生物に関する知見を深めるなど環境学習を行いました。
 来年はみなさまと一緒に実施出来ることを楽しみにしています!

 なお、捕獲したフナ・コイは今週末イオンモール草津で行われる「地球冷やしたい推進フェア(主催:草津市)」 において11/19(日)に一部展示する予定ですので、是非会いに来てください。

○「お魚里帰り作戦」の状況写真

お魚捕獲中 フナの稚魚

フナの親魚 里帰り中

西平さんのミニ講座 貝類

ブラックバス(駆除対象) ブルーギル(駆除対象)