2017年12月04日

11月19日「草津市地球冷やしたい推進フェア」に出展しました!


 11月19日(日)にイオンモール草津・1階セントラルコートにて開催された「草津市地球冷やしたい推進フェア」 に出展しました。
 「草津市地球冷やしたい推進フェア」は、草津市が地球温暖化を知ってもらうために11月18日(土)・19日(日)に開催したもので、 クイズ、工作・実験、企業等のブース出展などが行われ、約2,180名の方が来場されました。そのうち水資源機構 琵琶湖開発総合管理所は、 19日(日)10:00~17:00に出展し、パネル展示やイベントの一環であるクイズラリー等を行いました。

 パネル展示では、水資源機構の事業内容や環境保全への取り組みの他、水資源機構が管理するダムや水路で、管理施設から流す水の力を利用した水力発電 により生み出された再生可能エネルギーを活用することによって、ゲート操作等管理に必要な電力の一部を賄っている施設があり、温室効果ガスの削減に 寄与している事を紹介しました。

 クイズラリーでは、水資源機構に関する3択クイズを2問用意し、ご参加頂いた方には水資源機構の取り組みについても知って頂けたかと思います。

 また、11月10日に職員で実施した「お魚里帰り作戦」で、 琵琶湖へ帰すために捕獲した新浜ビオトープの魚(フナ、コイ)、貝類(タニシ)などの生き物の展示や、パネルによる新浜ビオトープの概要・取り組みのPRを 行いました。
 その他、水資源機構が管理するダムで配布しているダムカードや、 ダムの周辺施設で食べられるダムカレーの情報なども紹介もさせて頂きました。


○状況写真

会場の様子 クイズに挑戦

スタンプ獲得 新浜ビオトープの魚に興味