ぽとり~職員のコラム

2013年12月02日

伊吹山の「秋の景色」

 夜くつろいでテレビを観ていると、放映の中で「滋賀県内最高峰の伊吹山(米原市、標高1377m)の山頂付近で紅葉が見ごろを迎えている」との紅葉情報を得た。そこですぐに思い立ち、明日マイカーで出かけることにした。
 朝8時前に出発し、名神高速道路を走り、伊吹山ドライブウェイへ向かった。そしてドライブウェイを車で走ると、標高が上がるにつれて樹木の色づきが深まり、ブナの黄色やカエデ、ヤマモミジの赤に彩られた紅葉のすばらしい景色を楽しみました。

黄色や赤に色づいた伊吹山(11.9撮影) 伊吹山ドライブウェイの紅葉(11.9撮影)
黄色や赤に色づいた伊吹山(11.9撮影) 伊吹山ドライブウェイの紅葉(11.9撮影)

 全長17Kmのドライブウェイの終点の山頂駐車場(標高1260m)に車を停めて、そこから山頂(標高1377m)まで散策するための遊歩道が3コース(西、中央、東)あります。
 私は道幅が広く、傾斜が緩やかで歩き易く、北西斜面にあり晴れていれば眼下に琵琶湖を一望でき、湖中に浮かぶ竹生島や、平野部を蛇行して流れる姉川が見える西遊歩道コース(山頂まで約40分、長さ約1000m)を歩いた。空は、朝からあいにくの曇り空で霞がかかり、はっきりと琵琶湖は見えませんでした・・・・・。

山頂遊歩道から見た琵琶湖(米原市方向) 山頂遊歩道から見た琵琶湖(竹生島方向)
山頂遊歩道から見た琵琶湖(米原市方向) 山頂遊歩道から見た琵琶湖(竹生島方向)

 山頂のお花畑は、草もみじもそろそろ終わりに近づき茶色がかっており、もうすぐ冬支度の様相を見せていました。

山頂のお花畑跡(駐車場方向) 伊吹山頂(標高1377m)
山頂のお花畑跡(駐車場方向) 伊吹山頂(標高1377m)


 秋の伊吹山は、標高差の気温の違いにより山頂の草もみじから山の中腹あたりの美しい紅葉や、山頂付近から眺める琵琶湖の絶景などの「秋の景色」を見せてくれました。
 伊吹山は、四季ごとに表情を変化させ、雄大な景観を見せてくれますので、ドライブやハイキングに出かけてみませんか・・・・・。