新着情報房総導水路って何?歴史〜建設の経緯〜大切な水事務所紹介事務所へのアクセス
緊急改築事業Q&Aご意見・ご感想コーナーリンク集お役立ち情報局
 
房総道水路って何?
 
利根川の水を房総半島に運んでいます
   
  房総半島の九十九里地域や南房総地域では、その昔、多くの家々が不安定な井戸水をくんで暮らしていました。人口の増加や都市化が進み、水道水の要望が高まってきました。一方、千葉市から君津市にいたる京葉臨海工業地帯では、安定した工業用水が必要とされていました。

ところが房総半島には、これらの水への要求を充分に満たすだけの大きな水源はありませんでした。そこで、これらの地域に利根川の水を運ぶ「房総導水路」がつくられたのです。 今では、利根川の水を南房総にある大多喜町まで、約100キロメートルもの長い距離を運び、必要な地域での水不足の心配をなくし、人々の暮らしを支えているのです。
   
   
  断面を見る
  房総導水路を横(断面)から見てみよう。
   
  水の必要性
  人々の暮らしに水が必要なの?
 
 
HOME | 新着情報 | 房総導水路って何? | 歴史 | 大切な水 | 事務所紹介 | アクセス | 緊急改築事業 | Q&A | ご意見・ご感想 | リンク集 | お役立ち情報局
Copyright(C) 2015 房総導水路事業所 All Rights Reserved.
導水制御工 大網揚水機場・房総導水路事業所 長柄ダム 東金ダム 横芝揚水機場 両総用水第一揚水機場 利根川両総水門 利根川取水門 両総第一揚水機場 横芝揚水機場 東金ダム 大網揚水機場・房総導水路管理所 長柄ダム 大多喜ダム(千葉県)