新着情報房総導水路って何?歴史〜建設の経緯〜大切な水事務所紹介事務所へのアクセス
緊急改築事業Q&Aご意見・ご感想コーナーリンク集お役立ち情報局
 
房総導水路って何? 水の必要性  
 
導水路断面図
 
水は高いところから低いところに流れるのが普通です。しかし、利根川から取り入れた水を南房総地域まで送るには低いところから高いところへ流さなければなりません。そこで、4ケ所でポンプを使ってくみ上げて運んでいるのです。
 
利根川両総水門から取り入れた水は、両総用水第一揚水機場でポンプアップして水路を経て栗山川を流れます。栗山川の横芝揚水機場で再びポンプアップし、房総導水路を流れて大網揚水機場まで送ります。途中、一部の水を東金揚水機場で揚水し、東金ダムに貯えます。大網揚水機場で再びポンプアップし、長柄ダムに到着します。長柄ダムの水の一部は、長柄揚水機場でポンプアップして、南房総導水路を流れて大多喜町にある導水制御工に到着します。利根川から導水制御工まで約100km。こうして送られた水は浄水場を通って生活用水、工業用水として使われているのです。
 
水の必要性
人々の暮らしに水が必要なの?
 
 
HOME | 新着情報 | 房総導水路って何? | 歴史 | 大切な水 | 事務所紹介 | アクセス | 緊急改築事業 | Q&A | ご意見・ご感想 | リンク集 | お役立ち情報局
Copyright(C) 2015 房総導水路事業所 All Rights Reserved.
東金揚水機場 長柄揚水機場 大網揚水機場 長柄ダム 両総用水第一揚水機場 横芝揚水機場 東金ダム 導水制御工 利根川両総水門 両総用水第一揚水機場 横芝揚水機場 東金ダム 大網揚水機場 長柄ダム 導水制御工