印旛沼開発施設緊急改築事業
施設の概要

もし、大雨の時に、印旛沼の洪水を排水するポンプが突然動かなくなったら・・沼の水位が上昇し、沼を囲っている堤防を超えてあふれ出し、人々に大きな被害を与えます。

  もし、渇水の時に、利根川の水を沼に汲み上げる揚水ポンプが動かなくなったら・・農業用水や都市用水が取水できなくなり、産業や生活に深刻な影響を与えます。

 印旛沼の排水や揚水を担ってきた印旛排水機場・大和田排水機場・酒直揚水機場の三機場は、すでに完成後35年以上を経過しており、老朽化が著しく、いつ故障し停止してもおかしくない状況となっていました。

 印旛沼開発施設緊急改築事業は、ポンプ停止による深刻な影響を回避するため、老朽化し、機能が低下している印旛排水機場、大和田排水機場および 酒直揚水機場の改築工事を行い、あわせて管理設備を整備する事により各施設の機能回復を図るとともに、用水の安定供給、円滑な洪水操作、安全な施設管理の確保を図ることを目的として緊急に実施する事業です。

印旛排水機場全景
印旛排水機場全景

大和田機場全景
大和田排水機場全景

酒直揚水機場全景
酒直揚水機場全景
事業内容
区分工種事業内容
印旛排水機場
(S35年3月完成)
電気・機械設備主ポンプ設備(排水量92m/s)、各種系統機器類、動力・配電・受電・操作設備等の更新
土木・建築樋管防水、取付護岸補修等機場建屋補修および耐震補強、電気・操作室の改築
大和田排水機場
(S41年2月完成)
電気・機械設備主ポンプ設備(排水量120m/s)、各種系統機器類、動力・配電・受電・操作設備等の更新
土木・建築下部工補強、取付護岸補修等機場建屋補修および耐震補強、電気・操作室の改築
酒直揚水機場
(S41年6月完成)
電気・機械設備主ポンプ設備(揚水量20m/s、排水量5.2m/s)、各種系統機器類、操作設備等の更新
土木・建築機場建屋補修および耐震補強
管理設備管理設備等テレメータ設備、集中監視設備、放流警報設備、情報処理設備の更新


大和田排水機場建設当時(昭和41年完成)
1700mmポンプ羽根車の腐敗状況
1700mmポンプ羽根車の腐敗状況
工事進捗状況

←「工事進捗状況」はコチラをクリック