■■■■■ 利根川の水を運んで34年、北総台地を潤す成田用水 ■■■■■
 成田国際空港周辺の農地は昔から大きな水源のない地域でした。そこで利根川の豊かな水を、水の乏しい北総地区へと運ぶために、成田用水事業が生まれました。
受益地
 
 成田用水は利根川から水を取水し、パイプラインやファームポンド(通水量を調整するための水槽)を通じて成田市、多古町、横芝光町、芝山町の1市3町にまたがる約3,300ヘクタールの農地にかんがい用水として送っています。
 利根川の水は、新川機場によってくみ上げられ、成田幹線を通じて小泉機場に、さらに小泉機場からくみ上げられ水田や畑に送っています。
 
取水口 ◆取水口

利根川の水を取水するところ
新川揚水機場 ◆新川揚水機場

利根川の水を農業用水として台地上の小泉中継所に送る
根木名川水管橋 ◆根木名(ねこな)川
  水管橋


成田幹線の根木名川に架かる水管橋
小泉揚水機場 ◆小泉揚水機場
小泉中継水槽の水はここで加圧され、さらに幹線へと進む

小泉中継水槽 ◆小泉中継水槽
新川揚水機場から送られた水は、一度 小泉中継水槽に貯える
ファームポンド ◆ファームポンド

畑のかんがい用水として一時的に水を蓄えている所
 
  かんがい面積(計画):水田1,889ヘクタール 畑1,438ヘクタール
  幹線水路・支線水路(パイプライン):延長約33km   大きさ直径:135cm〜35cm
  揚水機場:2箇所   ファームポンド:4箇所
  管理開始:昭和56年度から
※ファームポンド:パイプラインから送られてくる水を一時的に溜める施設
 
 
最寄駅-成田線「佐原駅」

〒289−0003 千葉県香取市佐原イ3076
TEL.0478−54−2235
FAX.0478−54−4490
 ページトップ

Copyright(C)2015 独立行政法人 水資源機構 千葉用水総合管理所 All Right Reserved.
千葉用水総合管理所トップページ サイトマップ