■■■■■ 利根川の水を運んで27年、東総地域を潤す東総用水 ■■■■■
 
 千葉県の東端地域は、台地と深く入りくんだ谷津田からなっています。畑地は台地の上に分布して、昔は天水と井戸水に頼っていたため、水が不安定で農家の人は困っていました。
 また、生活用水についても大部分は浅井戸を利用していたため、量・質とも不安定な状況にありました。
photo
受益地
  
 水の乏しい地域へ水を運ぶために東総用水事業が生まれ、東総用水の水は利根川や黒部川の水を千葉県東部の銚子市、旭市、東庄町の2市1町にまたがる約2,800ヘクタールの農地へかんがい用水として、また、銚子市、旭市、東庄町の2市1町へ水道用水として送っています。
 利根川の水は、香取市小見川の一之分目揚排水機場から取り入れられた後、小堀川を経て黒部川の笹川取水口から自然流下させ、東庄揚水機場によって、水道用水は隣接する東総広域水道企業団の浄水場へ送り、また、農業用水は飯岡調整水槽にくみ上げられ水田や畑に送っています。
 
一之分目楊排水機場取水口 ◆一之分目揚排水
 機場取水口

利根川の水を自然またはポンプ取水し、小堀川へ送る
笹川取水口 ◆笹川取水口
黒部川からの水を取り入れ、東庄揚水機場へ送る
東庄揚水機場 ◆東庄揚水機場
農業用水と水道用水に分けて各々ポンプで送る
飯岡調整水槽 ◆飯岡調整水槽
高台にある、送られてきた水を貯えるところ
一定の水位を確保し、送水圧の安定を図る
◆ファームポンド
畑へ送る水を一時的に溜めるところ
 
  かんがい面積(計画):水田500ヘクタール 畑2,304ヘクタール
  導水路・管路:延長約37km   直径:180cm〜20cm
  機場:3箇所   ファームポンド:18箇所   調整水槽:1箇所
  管理開始:平成元年度から
 
 
最寄駅−成田線「笹川駅」

〒289−0602 千葉県香取郡東庄町笹川ろ81
TEL.0478−86−1311
FAX.0478−86−1314
ページトップ

Copyright(C)2015 独立行政法人 水資源機構 千葉用水総合管理所 All Right Reserved.
千葉用水総合管理所トップページ サイトマップ