トップページ 私たちの仕事 霞ヶ浦について 関連リンク
 トップページ>霞ヶ浦湖岸の生き物たち(植物)

霞ヶ浦湖岸にはさまざまな生き物が生息しています。このページでは、 これらの生物についてご紹介しています。

植物 鳥類 魚類 低生動物 微生物 哺乳類 両生類 爬虫類

植物

カサスゲ カサスゲ(カヤツリグサ科)
高さ1m程で、群落を作り、花を咲かせます。昔は乾燥させた葉が蓑笠を作るのに使用されました。
ヨシ ヨシ(イネ科)
霞ヶ浦全域で見られる抽水植物で、茎を密生して大群落をつくり、高さは1〜3mになります。
大型抽水植物では、もっとも岸側に分布します。
マコモ マコモ(イネ科)
多年生の抽水植物で、水底の地下茎から1〜2mの茎を立てます。
8月〜10月頃開花します。
霞ヶ浦全域で見られ、やや泥深いところを好みます。
オギ オギ(イネ科)
高さは約2m。
ススキによく似ていますが、株をつくらず湿った場所を好み、花がつく頃、下の葉がなくなるという特徴があります。
ミクリ ミクリ(ミクリ科)
浅い水中に生える抽水植物で、底土中に地下茎があり、群落をつくります。
茎は70〜80cmになり、6〜8月に花を咲かせます。
ヒメガマ ヒメガマ(ガマ科)
高さは1.5〜2.5m程で、茎葉を水上に抽出し、群落をつくります。
霞ヶ浦では最も多く見られるガマです。
セイタカアワダチソウ セイタカアワダチソウ(キク科)
高さは約1〜3m。
土手などに好んで自生し、秋にあわのような黄色い花序を多数つけます。
タコノアシ タコノアシ(ユキノシタ科)
高さは約30〜80cm程で、葉先が尖っています。
8〜10月に黄緑色の花を咲かせ、低地の湿地や河原に生育します。
ガガブタ ガガブタ(ミツガシワ科)
アサザの近縁の浮葉植物ですが、7〜9月に小振りの白い花を咲かせます。
霞ヶ浦における分布は非常にわずかです。
アサザ アサザ(ミツガシワ科)
水中から長い茎を伸ばし、葉を水面に浮かべる浮葉植物です。
6〜9月に黄色い花を咲かせます。
ミズアオイ ミズアオイ(ミズアオイ科)
高さ20〜40cmの1年草で、9〜10月に紫色の美しい花を咲かせます。
湖の浅所、水辺の湿地、ハス田などに生えます。
   
リアルタイム情報へ