トップページ 私たちの仕事 霞ヶ浦について 霞ヶ浦管理情報 関連リンク
 トップページ>堤脚水路水質浄化実験   

堤脚水路水質浄化実験(終了しました)


霞ヶ浦・北浦の周りには田んぼなどからの水が流れこむ幅1.5m、深さ1mの水路があり、これを堤脚水路といいます。

 堤脚水路の水は霞ヶ浦・北浦に直接排水されています。

 水路の水には、霞ヶ浦・北浦の水よりも多くの栄養塩(窒素・リン)や有機物が含まれています。

 水路の水を浄化することは、霞ヶ浦・北浦の水を浄化することにつながります。

 茨城県と共同で、水資源機構では、水路で植物を栽培することにより、水から窒素とリンなどを取り除く試験を行いました。(平成20年度〜平成21年度)

 試験の概要、結果について掲載します。

堤脚水路水質浄化実験の結果 (0.3MB)


水路への窒素・リンなどの流入を防ぐことは、霞ヶ浦・北浦の水を浄化することにつながります。皆様のご協力をお願いいたします。

                                             このページのトップへ
   
リアルタイム情報へ