武蔵水路改築事業の目的 1.安定通水機能の回復 2.内水排除機能の確保・強化 3.荒川水系の水質改善

武蔵水路とは

武蔵水路と桜
首都圏の人々の暮らしを支える水。
それが遠く利根川から運ばれているのをご存知ですか?
利根川の豊かな水を、埼玉、東京を経て東京湾へと注ぐ荒川へ。
交わることなく流れる2つの川を結ぶのは、全長14.5kmの一本の水路。
それが「武蔵水路」です。