武蔵水路改築事業 武蔵水路の概要

ホーム > 武蔵水路の概要 > 武蔵水路について

武蔵水路について

 昭和30年代、首都圏では経済成長に伴う人口の増加や生活の多様化により水道用水の需要の増加が著しくなりました。それに加え、昭和30年代後半から渇水が続き、東京オリンピック直前には深刻な水不足となり、真夏の首都は、「東京砂漠」と言われるほどの厳しい状態となりました。
 そこで、既存の農業用水の安定化を軸に立案された利根導水路計画の一環として武蔵水路が計画され、都市用水及び浄化用水として利根川の水を首都圏に運ぶものとしました。
 地元の方々のご理解とご協力により水路は短期間で完成し、清澄な利根川の水を休みなく送り続けています。

武蔵水路の役割

武蔵水路は、利根川と荒川を結ぶ延長14.5kmの水路で3つの役割を担っています。

  1. 都市用水の導水 

    利根大堰で取水した東京都と埼玉県の都市用水を荒川へ導水しています。(導水した水は、下流の秋ヶ瀬取水堰などで取水され、東京都の朝霞浄水場や埼玉県の大久保浄水場などへ送られています。)

  2. 浄化用水の導水 

    荒川水系の水質改善のため、浄化用水を導水しています。浄化用水は、秋ヶ瀬取水堰から新河岸川へ朝霞水路を通じて流れこみ、下流の隅田川の浄化も行なっています。

  3. 周辺地域の内水排除 

    都市用水と浄化用水の導水に支障のない範囲で、周辺地区の河川の洪水や市街地からの出水を取りこみ、荒川に排水しています。

武蔵水路建設の沿革

1962年(S37)8月『利根川水系における水資源開発基本計画』閣議決定(利根導水路建設事業はS38.3掲上)
1964年(S39)1月武蔵水路工事着手
10月東京オリンピック大会
1965年(S40)3月武蔵水路緊急通水開始(見沼代用水路の一部を使用)
10月利根大堰建設工事着工
1967年(S42)3月武蔵水路工事完了

当時の渇水状況
(東京都水道歴史館提供)

武蔵水路諸元

位   置埼玉県行田市須加地先~埼玉県鴻巣市糠田地先
水路形式コンクリートライニング台形水路
延   長約14.5km
最大導水量毎秒50m3
主な付帯施設
  • サイホン〔6ヶ所〕
  • 樋管
  • 水位調節堰〔4ヶ所〕
  • 放流口〔4ヶ所〕
  • 水門〔2ヶ所〕
  • 排水機場

このページの先頭へ