本文へジャンプ

湖面利用ルール

救命胴衣(ライフジャケット)の着用は必須条件です。

              操船者の方へ

ダム湖を利用する際には、救命胴衣(ライフジャケット)の着用を義務化していますが、これに加え、最大搭載人員などの法律に定められていることを遵守するほか、カールコードを装着するなど、御自身、同乗者の安全確保を図って下さい。

                奥利根湖・ならまた湖利用協議会

奥利根湖(矢木沢ダム)・ならまた湖(奈良俣ダム)の利用について

「奥利根湖」 「ならまた湖」 の名で知られる矢木沢ダムと奈良俣ダムの湖は、原生林や自然林に囲まれた利根川最上流部のダム湖として、春の新緑や夏の涼味、また、秋の紅葉をもとめる多くの人々が訪れ、釣りやカヌー・ボートなどを楽しむことができます。このような両ダム湖の利用に当たっては、自然環境の保全や利用者の安全をはかるため、「奥利根・ならまた湖利用協議会」による「ダム湖利用ルール」が定められています。ダム湖を利用される場合には、以下の「ダム湖利用のルール」を守っていただくようお願い致します。

ダム湖利用のルール(平成13年3月制定)
★★★ルール改正によりライフジャケットの着用義務化(平成23年10月改訂)★★★

奥利根湖(矢木沢ダム) 

  奥利根湖では、釣りや遊覧のため、小型エンジン付きボートや手漕ぎボート類を利用していただくことができます。
 湖面の利用水域について

  ○標高850m(満水位)以下で利用可能。
       洪水により水位がこれより高いときは利用できません。
  ○通航禁止区域ならびに遊漁禁止区域について
      ダム堤体周辺[堤体〜網場(あば)]は通航と遊漁が禁止されています。
                 詳しい図面はこちら(矢木沢ダムをご利用の皆様へ)
  ○通航規制区域
      網場(あば)周辺は速度2ノット以下で通航して下さい。
 利用期間および利用時間


  ○利用期間
      冬期間(管理用道路閉鎖期間)を除く期間
  ○利用時間
     船舶進入路ゲート開放時間:午前6時30分〜午後6時
        ※10月1日より 午前8時30分〜午後5時に変更。

 利用の範囲

  
  ○利用できるもの(こと)
     ・小型エンジン付きボート(出力20PS以下、艇長4.5m以下、定員4名以下)
     ・カヌー、手漕ぎボート
     ・ヨット・ウィンドサーフィン
     ・釣り
  ○利用できないもの(こと)
     ・大型エンジン付きボート(上記「小型エンジン付きボート」以外のボート)
       ※ただし、釣り・遊覧の手段としての利用は、事前の進入路使用承認
         申請がある場合には、条件を付して許可しています。
     ・水上バイク、水上スキー、ウェイクボード、およびこれらと類似のもの
     ・キャンプおよび焚き火
     ・遊泳

大型エンジン付きボート申請について



 ならまた湖(奈良俣ダム)

  ならまた湖では、釣りや遊覧のため、手漕ぎボート類を利用していただくことができます。

 湖面の利用水域について
  
  ○洪水期以外は、標高888m(満水位)以下
  ○洪水期(7月〜9月)は、標高881m以下
      洪水により水位がこれより高いときは利用できません。
  ○通航禁止区域ならびに遊漁禁止区域
     ダム堤体周辺≪堤体〜網場(あば)≫は通航と遊漁が禁止されています。
              詳しい図面はこちら(奈良俣ダムをご利用の皆様へ)
  ○通航規制区域
     網場(あば)周辺は速度2ノット以下で通航して下さい。

 利用期間および利用時間
  ○利用時間
     冬期間(管理用道路閉鎖期間)を除く期間
  ○利用時間
     原則として日の出から日没まで
  
 利用の範囲

  
  ○利用できるもの(こと)
     ・カヌー、手漕ぎボート
     ・ヨット・ウィンドサーフィン
     ・釣り
  ○利用できないもの(こと)
     ・エンジン付きボート
     ・水上バイク、水上スキー、ウェイクボード、およびこれらと類似のもの
     ・指定区域外のキャンプおよび焚き火
     ・遊泳







 

独立行政法人水資源機構 沼田総合管理所

〒378−0051 群馬県沼田市上原町1682

TEL:0278−24−5711

MAIL:numasou@po.kannet.ne.jp