水資源機構 利根導水総合事業所
 
 
TOP > 仕事の内容 > 水路の操作
2.水路の操作(見沼代用水路、埼玉用水路、邑楽用水路、葛西用水路、武蔵水路、朝霞水路)

 利根大堰で取水した水を、埼玉県や群馬県の田んぼや、水道用水、工業用水の浄水場へ安定して送り届けるための水路もわたしたちが管理しています。天候や作物の育ちぐあいによって田んぼで必要な水の量が変わったときや、浄水場で必要とされる水の量が変わったときには、水路に設置してあるゲートを操作して水の量を増やしたり減らしたりする操作を行います。

 こうした操作は事業所の操作室から水路に設置してあるゲートを遠隔操作したり、管理所から車で駆けつけて操作する場合があります。農業のための水路では、大きな水路からの水を枝分かれした小さな水路(支線といいます)に取り入れるためのゲート(分水口といいます)を操作して、田んぼに入れる水の量を調節しています。

 その他にも、堰や水路に危険な所や水もれ、壊れている所がないかの見回り、施設の周辺の草刈り、きれいな水を送るために水路に流れてくるゴミ、落ち葉やビニールなどのゴミ取りも大切な仕事です。人が投げ込んだゴミがとても多く大変苦労していますので、皆さん水路や道路にゴミを捨てないようにお願いします。

水路のゲート操作 水路のゴミ取りの様子
水路のゲート操作 水路のゴミ取りの様子
   
   
   
   
   
独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所
〒361-0004 行田市大字須加字船川4369 TEL:048-557-1501