水資源機構 利根導水総合事業所
  
 
TOP > アユのこと > 利根大堰にやってくるアユたち
利根大堰にやってくるアユたち

 私ども独立行政法人水資源機構 利根導水総合管理所では、利根大堰を遡上するアユの実態を把握するため、平成2年から毎年アユの遡上調査を実施しています。
 それでは、アユの遡上調査について、説明しましょう。調査期間は、4月下旬〜5月(4月21日〜5月31日)までです。

魚道を遡上するアユ 
(大堰自然の観察室) 

魚道を遡上するアユ

 利根大堰には3つの魚道があり、1号魚道には、採捕器具を設置し、遡上してくるアユを採捕し、また2号・3号魚道では、遡上するアユを目視観測し、それぞれ遡上数を数えています。

アユの採捕状況

 アユの採捕状況


 調査が終わった後は、利根大堰の直上流へ稚アユを放流します。すると再び、稚アユは上流へ向かって遡上を開始していきます。

1号魚道を遡上するアユを観察する小学生 
アユを観察する小学生

 利根大堰の魚道は、魚の遡上に配慮するため、利根大堰が完成した昭和43年当時から設置されています。設置当初から、魚道の遡上性能に対する改善要望の声があり、軽微な改良を重ねていましたが、平成7年から平成9年にかけて魚道の抜本的な改築が行われ、アユの遡上量も年々増加しており、魚の遡上に十分その機能を発揮しています。

 
独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所
〒361-0004 行田市大字須加字船川4369 TEL:048-557-1501