水資源機構 利根導水総合事業所
  
 
TOP > フォトギャラリー > 秋ヶ瀬取水堰台風11号洪水時の操作
秋ヶ瀬取水堰台風11号洪水時の操作
  埼玉県志木市にある秋ヶ瀬取水堰(あきがせしゅすいせき)は、東京都や埼玉県の水道用水・工業用水として使う水を川から浄水場へ運ぶのに際し、水を取り入れやすくするために4門のゲートを使って、荒川の水位を一定に保つことを目的としている施設ですが、大雨などにより荒川の水量が増加し、堰で水位を一定に保てない場合は、堰のゲートを全て引上げ(全開操作)、荒川の水を速やかに下流に流す操作をしています。
 今回は、平成27年7月16日の台風11号での秋ヶ瀬取水堰の様子を中心に年数回しか行われない全開操作についてご紹介します。 

普段の秋ヶ瀬取水堰

 普段、秋ヶ瀬取水堰は、右の写真のように4門のゲートを全て下ろすことで、水を取り入れやすくするために、荒川の水位を高い位置に堰上げるとともに、水位を一定(だいたい20cmくらいの幅)に保つ操作をしています。
 堰は、東京湾の河口から35km荒川をさかのぼったところに位置していますが、ここまで潮位の影響を受けており、満潮と干潮の差が大きいときは3mくらいつきます。また、満潮の時でも、取り入れしやすくするために堰が一定に保っている水位に比べ、1mくらい低い水位までしか上がりません。
 つまり、堰がないと、水位は3mくらい上がったり下がったりし、水を安定的に取り入れることができなくなるばかりでなく、水を取り入れるのに十分な水位にも上がりません。秋ヶ瀬取水堰は非常に重要な施設なのです。
通常の秋ヶ瀬取水堰(近景)

通常の秋ヶ瀬取水堰(遠景)

全開した秋ヶ瀬取水堰(近景)

全開した秋ヶ瀬取水堰(遠景)
洪水時の秋ヶ瀬取水堰
 

 普段は、秋ヶ瀬取水堰が無いと、水を取り入れるのに必要な水位が保てないのですが、大雨が降ると雨の影響で、どんどん荒川の水位が上がるため、堰が無くても水位を保つことが出来るようになります。この状況で堰のゲートを下ろしたままにしていると、水を下流へ安全に流すことができません。
 このため、左の写真のようにゲートを全て上に吊り上げることで、全開させ、水を下流に安全に流す操作を行います。
 左の写真は平成27年7月16日の台風11号の時の様子ですが、このときは7月16日〜17日の間で130mm以上の大雨が降りました。
 ちなみに、普段のゲート操作は、ほとんどの操作を管理所から遠隔で行いますが、全開の操作は、現地で設備の状態を確認しながら行う必要があります。台風11号はまだ明るい内に全開操作が必要な状態となり、風もそれほど強くはなかったですが、例えば真夜中に強風が吹き荒れる中での操作などは気合いと根性が必要な作業になります。


台風11号が来たときの川の様子

  これは、堰のすぐ上流で、東京都の水を取り入れている宗岡取水口(むねおかしゅすいこう)付近の写真です。
 上が、普段の写真、下が台風11号のときの写真です。
 普段なら見えているコンクリートの舗装が、完全に水没しており、また、洪水によって水が濁っているため、どこまでコンクリート舗装があるのか、現地で見ても全く分かりません。コンクリート舗装の部分は浅いですが、舗装が無くなると普段から水深が6mくらいあり、大変深くなっています。
 この施設の周辺は柵がしてあり、立ち入り禁止ですが、洪水時は、柵の外側でも近づくことは大変危険です。
通常の宗岡取水口

洪水時の宗岡取水口

平成11年秋ヶ瀬取水堰全開
平成19年台風9号連絡橋
普段の連絡橋
過去の大きな洪水の様子

 平成27年7月16日の台風11号でも、秋ヶ瀬取水堰はゲートを全開し、普段、水が来ないところでも一部水没しましたが、過去にはさらに大きな洪水が発生しています。
 左の1番目の秋ヶ瀬取水堰の写真は、平成11年8月に熱帯低気圧による洪水の写真です。
 このときは、平成27年7月の台風11号の2倍以上の水が流れ、荒川の河川敷が、水没してしまい、取水堰も頭を覗かせているだけの状況です。
 2番目の写真は、平成19年9月の台風9号の時の洪水の写真です。
 このときも、荒川の河川敷が水没してしまい、秋ヶ瀬取水堰へ行くためには、川の中に架けた橋の上を歩いて行くしか手段が無くなってしまいました。 ※この橋は、秋ヶ瀬取水堰を管理するための橋で、このような洪水のときでも堰に行けるように作られた橋です。
 3番目の写真は、同じ橋の上から撮影した普段の状況ですが、全く違う状況になっていることが分かるかと思います。
 ちなみに秋ヶ瀬取水堰周辺の河川敷まで冠水するような洪水は、この平成19年以降は、幸いにして発生していません。
 台風11号も九州などでは大雨をもたらし、各地で被害が発生しました。恵みの雨は必要ですが、今後も各地で被害がでるような大雨が降らないことを切に願うばかりです。
独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所
〒361-0004 行田市大字須加字船川4369 TEL:048-557-1501