水資源機構 利根導水総合事業所
  
 
TOP > フォトギャラリー > 花しょうぶ・ラベンダーが咲き始めました
花しょうぶ・ラベンダーが咲き始めました
 利根大堰から取水している見沼代用水の中流域に位置する菖蒲町では、現在、花しょうぶやラベンダーが見ごろとなっています。(掲載している写真は、平成21年6月5日に撮ったものです。)
 役場周辺には、6月上旬から7月上旬にかけて計6万株以上の色鮮やかな「花しょうぶ」と清々しい香りの「ラベンダー」が一斉に咲き揃います。四季折々の花と恵まれた自然環境を楽しめる菖蒲町では6月7日〜7月5日間にブルーフェスティバルが開催されています。近くには、見沼代用水八間堰・十六間堰がありますので、立ち寄られてはいかがでしょうか。

 花しょうぶ・ラベンダーが咲き始めました以外にも色々な写真があります。詳しくはフォトギャラリーをご覧下さい。
 
花しょうぶ(サトイモ科多年草)が咲き始めました。周辺は、田植え直後の水田地帯です。 花菖蒲
 
色とりどりの花が咲いています。花によって、咲くタイミングが違うようです。現在、三分咲き位です。 3色の花菖蒲
 
菖蒲城跡あやめ園には、30,000株、50品種が植栽されています。 菖蒲城跡あやめ園
 
黄色の鮮やかな、ヘメロカリスです。ユリ科多年草で、スゲやカンゾウが改良された花です。 ヘメロカリス
 
役場周辺のラベンダー堤などに3万株が咲き誇り、ラベンダー畑では清々しい香りが漂っています。 ラベンダー
 
ラベンダーはシソ科に属し、薄紫の花には多くのミツバチが集まっています。
フェスティバル期間中の役場広場では、ラベンダーなどの特産品が売られています。
ラベンダーのアップとミツバチ
 
しらさぎ公園から見た十六間堰です。右側に、見沼管理所があります。 ラベンダーと十六間堰
 
菖蒲町、見沼代用水路 十六間堰上流のカルガモたち。
子供のカモは25匹いました。子だくさん一家です。(平成21年6月2日撮影)
十六間堰上流のカルガモ
 
十六間堰下流(下星川)の様子です。 下星川の様子
 
独立行政法人水資源機構利根導水総合事業所
〒361-0004 行田市大字須加字船川4369 TEL:048-557-1501