1. トップページ
  2. 河口堰概要
  3. 目的・諸元

河口堰概要

目的・諸元

目的

1.塩害から農作物を守る。

塩害を受けた地域(昭和33年)
雨が長期間降らず、利根川の水が渇水(川の水が少なくなること)になると、太平洋の海水が利根川を逆流し、地域の田畑で育てられている農作物や飲み水に大きなダメージを与える塩害が起こってしまいます。昭和33年に起こった異常渇水時では、千葉県分だけでも、その被害額が4億円にも達し、大きな社会問題になりました。
このような塩害を防ぐために、利根川河口堰は重要な役割を担っています。
2.首都圏に新たな水を供給する。

利根川流域の1都5県で使われる生活用水は昭和35年から45年の10年間に2.44倍、工業用水は昭和33年から45年の12年間に4.87倍にも急増。特に、昭和39年の東京オリンピックをひかえた首都圏は、慢性的な水不足に見まわれました。産業の発展と、それにともなう人口集中がもたらした水需要の急増に対しても、利根川河口堰は豊かな水をさまざまな方面に供給し、人々の生活に大きく貢献しています。


利根川河口堰によって新たに開発された利水量

塩害(えんがい)とは・・・?!

塩害とは、海水が川の上流までのぼっていき、川の水がしょっぱくなることで引き起こされる様々な悪い影響のことです。例えば、川の水が水道用の飲み水として使えなくなる上に、水田に流れ込むと稲が枯れてしまいます。

もっと質問したい


昭和33年の塩害の様子

諸元

利根川河口堰と黒部川水門の諸元表





位置 左岸
右岸
茨城県神栖市太田
千葉県香取郡東庄町新宿
計画高水位
計画高水流量
  Y.P.+3.0m
8,000m3/s
型式・規模 型式
総延長
  可動部分
  固定部分
可動堰
約834m
約465m
約369m
堰の構造 ゲート形式
  調節ゲート



  制水ゲート


  閘門ゲート


閘門

ゲート敷高
門数
  調節ゲート
  制水ゲート
  閘門
魚道

越流型シェル構造2段式ローラゲート
上段側ゲート 長45.0m×高3.6m
下段側ゲート 長45.0m×高4.0m
開閉速度 0.3m/分
シェル構造ローラゲート
長45.0m×高7.0m
開閉速度 0.3m/分
ローラゲート
長15.0m×高7.0m
開閉速度 高速 2.6m/分 低速 0.8m/分
長50.0m×有効幅15.0m
ゲート下端 Y.P.+7.8m(ゲート全開時)
Y.P.-5.0m

2門
7門
左岸1箇所
呼び水式階段魚道
左右岸各1箇所
河道整備 護岸
床固め
一式
一式
その他施設 管理橋
(県道と兼用)
幅員7.0m(内1.0mは歩道)
桁下Y.P.+6.0m





位置 左岸
右岸
千葉県香取郡東庄町新宿
千葉県香取郡東庄町新宿
計画高水流量   300m3/s
水門の構造 ゲート形式
  制水ゲート


  閘門ゲート



閘門

門数
  制水ゲート
  閘門

ローラーゲート
長20.0m×高9.0m
開閉速度 0.3m/分
ローラーゲート
上流側ゲート 長6.4m×高5.5m
下流側ゲート 長6.4m×高9.0m
開閉速度 高速 2.0m/分 低速 0.6m/分
長23.0m×有効幅6.4m
ゲート下端 Y.P.+4.0m

2門
左岸1箇所
図面でみる利根川河口堰と黒部川水門
画像をクリックすると開きます。