1. トップページ
  2. 施設紹介
  3. 閘門操作のしくみ

施設紹介

閘門操作のしくみ

船の通り道も、きちんと用意されています。

利根川河口堰および黒部川水門には、船が安全に往来できるように堰の左岸に閘門という船通しがあります。通行させる仕組みは、有名なパナマ運河方式と同じで、いったん閘門に入った船を、ゲート操作によって上下流の水位に合わせて通行します。
利根川閘門では毎日7時から17時までの間が運行可能で、所要時間は最大26分、黒部川閘門では毎日、全時間帯で運行可能で、所要時間は最大約21分です。

ゲート操作を見てみよう!

ゲート操作