【防災情報その1 (平成29年9月7日16:00)】
木曽川用水総合管理所(木曽川右岸用水を担う美濃加茂管理所、濃尾第二地区を担う総合管理所並びに弥富管理所、長良導水の管理を担う長良導水管理所)の各所においては、北朝鮮によるミサイル攻撃等の可能性を考慮し、” 注意態勢 ”を発令しました。

  【防災情報その2 (平成29年10月14日5:00)】
秋雨前線の停滞に伴い、木曽川大堰からの河川放流量は、毎秒200m3を超える量まで増加したことから、今後の木曽川上流域での降雨と河川の流量の増加を見越し、” 注意態勢 ”を発令し、、調節ゲートによる堰管理から、洪水吐きゲートによる洪水時操作に移行します。

 今後も引き続き、安定的な取水を継続すると共に、木曽川流量の増減に即応した、木曽川大堰の運用操作をおこない、放流量の適切な管理を継続してまいります。