洪水調節で貯めた水を洪水吐きから放流していましたが、7月10日16時に終了しました。引き続き水力発電施設を通じて毎秒約90立方メートルの放流を継続します。