さめうら湖協議会 発足の経緯


利用ルールを定めた経緯


 公共施設であるダム湖での湖面利用については、一定の制限の下に自由使用が原則ですが、ダム湖の利用はバス釣り、ウエイクボード、ジェットスキー等多岐にわたっており、それぞれの使用形態はかなり異なっています。


 本来、利用者自身がモラルある利用を行っていれば、あえて細かなルール等を定めなくても良いものであると考えていましたが、秩序ある利用が図れない過去の状況にあっては、一定のルールを設ける必要があったことから、秩序ある湖面の利用、自然環境の保全及び水難事故等の防止を図るべく、地域の公共機関等が集まり、平成17年1月に「さめうら湖協議会」を設立し、最低限守ってもらうべき事項を「ダム湖利用の原則」として定めました。


 また、実際に湖面を利用する立場である「特定非営利活動法人さめうらプロジェクト」に「早明浦ダム湖面利用規則」を策定してもらい、さめうら湖協議会でそれを承認し、さめうらプロジェクトのメンバーの利用を認めているところです。


 このため、ダム湖利用の原則にも記載しているとおり、さめうらプロジェクトのメンバーが早明浦ダム湖面利用規則を遵守していないと認められる場合は、さめうらプロジェクトの湖面利用を制限することがあります。







さめうら湖協議会事務局 早明浦ダム・高知分水管理所
All Rights Reserved
781-3521 高知県土佐郡土佐町田井6591-5
TEL : 0887-82-0485