香川用水事業の歴史

 香川用水は、昭和43年(1968年)から昭和56年(1981年)にかけて作られた全延長106kmの水路であり、その中には、農業用水・水道用水・工業用水が流れる区間(「共用区間」といいます。)と農業用水だけが流れる区間(「農専区間」といいます。)があります。
 共用区間は水資源開発公団(現 独立行政法人水資源機構)が、農専区間は農林水産省が施工しました。
 施設が完成している現在は、共用区間を独立行政法人水資源機構 香川用水管理所が農専区間を水土里ネット香川用水が管理しています。
 また、平成21年4月から新たに調整池も共用区間の管理施設に加わりました。


 取水工工事

 導水トンネルの工事状況

 高篠開水路
  共用区間(農業・水道・工場用水) 農専区間(農業用水)
対象区間 導水トンネル
(約8km)
徳島県三好市池田町(取水工)~
香川県三豊市財田町(東西分水工)
東部幹線
(約39km)
香川県高松市~
香川県東かがわ市
東部幹線
(約35km)
香川県三豊市財田町~
香川県高松市
西部幹線
(約13km)
香川県三豊市財田町(東西分水工)~
香川県観音寺市豊浜町
高瀬支線
(約4km)
香川県三豊市山本町~
香川県三豊市高瀬町
高瀬支線
(約7km)
香川県三豊市高瀬町~
香川県三豊市豊中町
工事主体 水資源開発公団(現 独立行政法人水資源機構) 農林水産省
管理主体 独立行政法人水資源機構 水土里ネット香川用水
 あ

 ゆ

 み
昭和43年(1968)
昭和49年(1974)
昭和50年(1975)
昭和53年(1978)
昭和56年(1981)
平成11年(1999)
平成18年(2006)
平成21年(2009)
工事着工
通水開始(水道用水の一部)
工事完了(本格通水開始)


香川用水施設緊急改築事業工事着工
香川用水施設緊急改築事業共用施設工事完了
香川用水施設緊急改築事業専用施設工事完了
工事着工


香川用水全線通水開始
工事完了


国営造成土地改良施設整備事業着工

香川用水事業