施設緊急改築事業の概要
◆香川用水は、昭和50年の管理開始以来、香川県のほぼ全域に用水を供給し、重要なライフラインとしての役割を果たしてきました。 しかし、アルカリ骨材反応により水路施設にひび割れが生じ、劣化が見られるようになりました。また、平成6年の大渇水や阪神淡路大震災等の教訓から、緊急時の水供給の安定化が強く求められ、 これらに対処するため、平成11年度から香川用水施設緊急改築事業を実施し、平成21年3月に完了しました。
  共用施設 (水路等の改築工事 ) 専用施設 (調整池の建設工事 ) 合計
工事計画 取水工 - 一式 調整池 - 一式  
東部幹線水路 開水路補強 約9km 連絡施設 連絡水路 約5km
併設水路 約9km 揚水機場 1箇所
工期 平成11年~17年度 平成11年~20年度
事業費 112億円 254億円 366億円