施設案内

型式:重力式コンクリートダム
堤高:106m、総貯水量:316,000,000m3
(満濃池の約21杯分)、湛水面積:7.5km2

型式:重力式コンクリートダム
堤高:24m、堤頂長:247m、総貯水量:12,650,000m3
湛水面積:1.44km2

香川用水の水を取水する施設で、最大15.8m3/秒(1秒間で家庭用お風呂で約50杯分)を取水します。

香川用水共用区間全体で、トンネル水路が約23kmあります。讃岐山脈を通るトンネルは香川用水の中で最も延長が長いトンネルで約8kmあります。

ここで水は東部幹線水路(高松市方面)と西部幹線水路
(観音寺市豊浜町方面)に分かれます。

型式:傾斜遮水ゾーン型フィルダム
堤高:25m、堤頂長:663m(本堤240m)、
総貯水量:3,070,000m3、湛水面積:0.24km2

東西分水工で分かれた水はこの水路を流れて運ばれます。香川用水共用区間で、開水路区間は約9kmあります。

河川やため池、道路等の構造物の下を通過する際に設置されている水路です。

水路のゴミなどを取る施設で水資源機構が管理している幹線水路には3箇所あります。

上流水面高を一定に保つ施設で分水工から安定した取水ができます。水資源機構が管理している幹線水路には12箇所あります。

幹線水路から枝分かれしている水路に水を流す施設です。このゲートを操作して、水量の配水を行ないます。水資源機構が管理している幹線水路には68箇所あります。

適切な管理を実施するために水路や河川の情報を収集したり、主要なゲートを操作する施設があります。