文字サイズを変更できます。
文字サイズ小
文字サイズ標準
文字サイズ大

管内事業概要

吉野川の水資源開発

四国地方は四国山脈をはさんで多雨地帯と少雨地帯に分かれ、吉野川流域や太平洋側はしばしば大規模な洪水が発生し、瀬戸内海側では恒常的な水不足に悩まされてきました。 吉野川総合開発以前の吉野川の水利用は局部的な水利用であって、お互いの関連性も薄く、その水資源開発にもおのずから限界があり、この豊富な水資源もほとんどが未開発の状態でした。

しかし、昭和30年代後半の飛躍的な高度成長や四国四県の強い願望により、吉野川総合開発が具体化し、昭和36年11月制定の「水資源開発促進法」及び「水資源開発公団法」を受けて昭和41年11月、吉野川が水資源開発水系に指定され、さらに昭和42年3月に水資源開発基本計画が策定され、吉野川総合開発計画の中核である早明浦ダム建設事業が始まりました。

その後も昭和43年以降、池田ダム、香川用水、新宮ダム及び旧吉野川河口堰の建設が続き、昭和50年前後に各施設が完成し管理を開始しました。さらに昭和53年には高知分水が完成し管理を開始し、平成13年には銅山川に建設していた富郷ダムが完成し管理を開始しています。これら7事業によって新たに生み出された水量は年間9億2,200万m3となり、四国4県に配分されています。また、洪水調節においては早明浦ダムで最大2,700m3/sec、新宮ダムにおいて最大400m3/secの洪水調節を行うなど、各ダムにおいて洪水流量の低減を図っています。

 当機構が行う各施設の建設事業及び管理業務の資金は、交付金や国庫補助金、利水者負担金及び借入金等によってまかなわれています。

各施設名(赤い文字)をクリックすると施設の概要へジャンプします

各施設名(赤い文字)をクリックすると施設の概要へジャンプします 香川用水 旧吉野川河口堰 今切川河口堰 池田ダム 新宮ダム 冨郷ダム 早明浦ダム 高知分水

早明浦ダム

早明浦ダム

目的 洪水調節
流水の正常な機能維持
上水、工水、農水の供給
発電
諸元 形式 重力式コンクリートダム
貯水量 289百万m3
堤高 106m
堤長 400m
堤体積 120万m3
発電 42,000kw

もっと詳しく>>

池田ダム

池田ダム

目的 洪水調節
流水の正常な機能維持
上水、工水、農水の供給
発電
諸元 形式 重力式コンクリートダム
貯水量 4.4百万m3
堤高 24m
堤長 247m
堤体積 5.2万m3
発電 5,000kw

もっと詳しく>>

富郷ダム

富郷ダム

目的 洪水調節
上水、工水の供給
発電
諸元 形式 重力式コンクリートダム
貯水量 47.6百万m3
堤高 106m
堤長 250m
堤体積 51万m3
発電 6,500kw

もっと詳しく>>

新宮ダム

新宮ダム

目的 洪水調節
工水、農水の供給
発電
諸元 形式 重力式コンクリートダム
貯水量 11.7百万m3
堤高 42m
堤長 138m
堤体積 8万m3
発電 11,700kw

もっと詳しく>>

旧吉野川河口堰

旧吉野川河口堰

目的 洪水疎通能力の向上
塩水遡上防止
上水、工水、農水の取水
諸元 堰長 192m
堰高 7.3m
水門 ローラーゲート6門
閘門 幅7.3m 1カ所
魚道 2カ所

もっと詳しく>>

今切川河口堰

今切川河口堰

目的 洪水疎通能力の向上
塩水遡上防止
上水、工水、農水の取水
諸元 堰長 220m
堰高 6.0m
水門 ローラーゲート7門
閘門 幅7.3m 1カ所
魚道 2カ所

もっと詳しく>>

香川用水

香川用水

目的 上水、工水、農水の導水
諸元 導水量 最大15.8m3/s
水路
導水トンネル 延長8km
東部幹線 延長35km
高瀬支線 延長4km

もっと詳しく>>

高知分水

高知分水

目的 上水、工水、農水の導水
発電
諸元 導水量 最大6.0m3/s
瀬戸川取水堰 堰長58m
瀬戸川導水路 延長4.5km
地蔵寺川取水堰 堰長31m
地蔵寺川導水路 延長9.4km
発電 11,800kw

もっと詳しく>>

このページのトップへ

香川県高松市天神前10-1
TEL 087-835-6600 FAX 087-835-6604
ご意見・ご感想|お問合せはこちら

Flash Playerをダウンロード AdobeReaderをダウンロード

アクセスカウンター