環境調査

小石原川ダム周辺の自然環境

事業実施区域とその周辺の区域における自然環境の現況を把握するために朝倉総合事業所では、平成7年から環境調査を実施しています。
環境影響評価手続き後は、ダム周辺環境の変化の把握、環境保全措置を具体化するため、環境調査を実施しています。

昆虫調査 魚類調査 両生類調査

昆虫類調査

魚類調査

両生類調査

小石原川ダム周辺に生息・生育する動植物たち

陸域の動物

森林に生息する動物の例

クマタカ、ヤマネ、キツネ、テン、イノシシ、ホンドジカ、 タヌキ、ヒヨドリ、フクロウ

草地に生息する動物の例

ジネズミ、ミヤマチャバネセセリ、ヤマカガシ

クマタカ コキクガシラコウモリ ヤマネ

クマタカ

コキクガシラコウモリ

ヤマネ

河川域の動物

平野を流れる川に生息する動物の例 アオサギ、バン、ツチガエル、ナマズ
渓流的な川に生息する動物の例 カジカガエル、ヤマセミ、カワセミ、カワムツB型、カワヨシノボリ
源流的な川に生息する動物の例 タゴガエル、カジカガエル、カワガラス、ヤマメ、タカハヤ
水田域を流れる小河川に生息する動物の例 トノサマガエル、セグロセキレイ、カワニナ
貯水池に生息する動物の例 マガモ、カルガモ、オイカワ
カジカガエル カワセミ ヤマメ

カジカガエル

カワセミ

ヤマメ

環境保全の取り組み

小石原川ダム建設事業では、環境影響評価法に基づく環境影響評価を行い、平成16年3月に小石原川ダムで実施しようとする環境保全措置等を取りまとめました。

環境に関する調査および保全対策の公表

小石原川ダムにおける環境に関する調査および対策について

・平成29年度実施内容
平成29年度の環境に関する調査や業務は、大気環境等調査、水質調査、希少猛禽類(クマタカ)、コウモリ・ヤマネ調査、重要な植物に関する調査、モニタリング調査計画(案)及びモニタリング部会の資料作成等を実施しました。平成29年度の環境に関する調査や保全措置に係わる総額は約1.3億円でした。

・平成30年度実施予定
平成30年度の環境に関する調査や業務は、大気環境等調査、水質調査、希少猛禽類(クマタカ)、コウモリ・ヤマネ調査、重要な植物に関する調査、陸域や河川域のモニタリング調査、モニタリング部会の資料作成等を行う予定です。総額は約1.3億円を予定しています。