NEWS

2008年06月13日

第2回 出前講座開催!(東近江市能登川北小学校)

クイズの様子
クイズの様子
ろ過実験の様子
ろ過実験中!
パックテストの様子
パックテストの結果は・・・

 平成20年6月12日(木) 能登川北小学校にて4年生16名を対象に出前講座を開催しました。

 まず、琵琶湖から淀川に至る水の流れ、浄水場の仕組み、水質、生き物(魚類)についての講義やクイズを行い、その後、子供達も参加して実験を行いました。

 実験は、汚水の判断基準から2つを選び行いました。

 1つ目の実験として泥水のろ過を行うと、子供達はろ過前後の水を見比べ、水の色が全く違うことに驚きながら砂や石で作られたろ過試験装置に釘付けでした。

 2つ目に水の汚れ具合を調べるパックテストを行い、琵琶湖の水、ジュースを1/10,000に薄めた生活排水、水道水、学校付近の川の水を使用し、人の目では見えない汚れ(COD=化学的酸素要求量)を調べました。子供達は、見た目が一番悪かった川の水が一番汚れていると予想していたのですが、水道水と見た目はかわらない生活排水が一番汚れている結果に驚きの声をあげていました。

 質疑応答の時間には、水質や環境について沢山の質問がありました。出前講座をとおし琵琶湖や水質について、子供達の関心がより深まったのではないかと感じました。