トップページ 私たちの仕事 霞ヶ浦について 関連リンク
トップページ>霞ヶ浦湖岸の生き物たち(哺乳類) 

霞ヶ浦湖岸にはさまざまな生き物が生息しています。このページでは、 これらの生物についてご紹介しています。

植物 鳥類 魚類 低生動物 微生物 哺乳類 両生類 爬虫類

哺乳類

アズマモグラ アズマモグラ(モグラ科)
体長は約10cm程の哺乳類の仲間です。
夜行性で、土の中にすみ、小動物をエサにしています。
ハタネズミ ハタネズミ(ネズミ科)
草原や河川敷などに生息しています。
体長は約11cmで、尾が短く、頭が大きいのが特徴です。草食性。
アカネズミ アカネズミ(ネズミ科)
体長約12cm、尾の長さは体と同じ位あります。
背中が美しい赤褐色で、腹部が白いのが特徴です。
タヌキ タヌキ(イヌ科)
体長は約50〜60cm、体重は3〜9kg程です。
嗅覚、聴覚にすぐれ、やぶ地や湿地の木根本など巣を作ります。
イタチ イタチ(イタチ科)
体長約30cm、体重は400〜500g程です。
水辺に好んで生息し、小動物をエサとしています。
   
リアルタイム情報へ