【岩屋ダムにて、洪水調節等を実施】平成30年7月10日更新
岩屋ダムでは、洪水時最高水位付近まで貯水池容量を最大限活用した洪水調節を行いました。その洪水調節効果概要の速報版を『新着情報』に掲載いたします

【岩屋ダムにて、次の洪水に備え水位低下操作を開始】平成30年7月8日更新
木曽川水系馬瀬川の水資源機構岩屋ダム(岐阜県下呂市金山町)流域では、降雨が小康状態になったことから、次の洪水に備えるため、岩屋ダムの水位低下操作(毎秒約350立方メートルをダムから流す操作)を7月8日19時40分より開始しました。

【防災情報】平成30年7月8日更新
岩屋ダムでは、8日3時10分に、異常洪水時防災操作開始水位(421.5m)を超え、これ以上貯留を続けると、ダムの洪水の貯留量が洪水調節容量を使い切り、満水位を超えるおそれがあるため、8日4時42分から異常洪水時防災操作を行いました。