水資源機構中部支社では、前線による風水害等の回避・軽減のため防災態勢を執っています。
最新の気象や防災に関する情報をテレビ・ラジオで入手するなどして警戒するとともに、増水した河川などの危険な箇所には近づかないようにしましょう。