宅地化や都市化が急激に進展し、都市近くの湖沼や池では水が汚染され、富栄養化が進んで、藍藻(らんそう)プランクトンの大量発生が引き起こされるようになりました。それらが池や湖の表面に浮かび上がり、水面に緑色の粉を浮かべたような、あるいはペンキを流したような状態になることを「アオコ」と呼びます。
 アオコを作る種類の中にはカビ臭や有害な化学物質を作るものがあり、水辺の環境を悪くするばかりでなく、湖水が水道の水源となっている場合には大きな問題を引き起こすことがあります。
 藍藻とは、文字通り藍色の藻のことで、陸上の植物と同じように、太陽エネルギーによって光合成を行う独立栄養生物です。
 印旛沼では毎年のようにアオコが確認されており、千葉用水総合管理所ではアオコの発生状況を定期的に調査しています。
 調査では、アオコが発生した場合、どのくらい発生しているかを表すために、アオコの発生状況が多くなっていく順に見た目で判断してレベル1〜レベル6に分類しています。
 
レベル 1 アオコの発生が肉眼で確認できない。
(ネットで引いたり、白いバットに汲んでよく見ると確認できる)
レベル 2 うっすらとすじ状にアオコの発生が認められる。
(アオコがわずかに水面に散らばり、よく見ると肉眼でも確認できる)
レベル 3 アオコが水面全体に広がり、所々まだら状になっている。
レベル 4 膜状にアオコが水面を覆う。
レベル 5 厚くマット状にアオコが水面を覆う。
レベル 6 アオコが浮カス状に厚く堆積して水面を覆い、腐敗臭がする。
 
<レベル2> <レベル4>
よく見るとうっすらと水面にアオコのすじが見えます。 水面に膜状にアオコが広がっています。
この状態になると少し臭いがします。

平成31年・令和元年度(2019年)
アオコ発生状況

6月6日(発生時)
[391KB]
6月27日(一時終息)
[79KB]
7月25日(発生時)
[474KB]
---
---
アオコ発生状況(過去データ:平成28年度〜)
平成28年度
(2016)
[2912KB]
平成29年度
(2017)
[2481KB]
平成30年度
(2018)
[3580KB]
--- ---
環境情報トップページに戻る
ページトップ
 
千葉用水総合管理所トップページ サイトマップ