【水源情報】
現在、降水量が少ない状況が続いており、利根川水系(渡良瀬川)、荒川水系、豊川水系、木曽川水系、吉野川水系及び筑後川水系で河川の流量が減少しています。このため、水資源機構が管理するダム等では、かんがい等の水利用や河川環境の保全に必要な水の補給を続けており、貯水量が減少傾向にあります。このような状況に対応するため、本社をはじめとする関係する事務所に渇水対策本部を設置して体制を強化しています。
限られた水資源を有効に活用するため、節水へのご理解とご協力をお願いします。
各水系の水源情報などはこちらからご覧ください。