本文へスキップ

Iwaya Dam

 岩屋ダムは飛騨川の支流馬瀬川に建設され、木曽川河口からおおよそ140Km上流の位置にある多目的ダムです。

   

岩屋ダムの概要

 岩屋ダムは、飛騨川の上流馬瀬川にあり、洪水調節・新規利水・発電の役割を持った多目的ダムです。

 事業は木曽川水系の洪水調節の一翼をになうとともに、かんがい用水、水道用水及び工業用水の需要に応じその必要量の供給を行い、発電(中部電力株式会社)を行っている総合開発事業です。

 昭和44年12月に建設省より水資源開発公団(ともに当時の組織名称)が事業を継承、工事は中部電力株式会社に委託して施工し、昭和51年に完成、昭和52年度から独立行政法人水資源機構(旧水資源開発公団)が管理しています。

 ダムは、木曽川中流岐阜県美濃加茂市で合流する飛騨川の上流支流、馬瀬川に建設され、木曽川の河口からおよそ140Km上流に位置します。

 馬瀬川は、岩屋ダムより約50Km上流の竜ヶ峰、川上岳を源とし、南流して弓掛川と合流後、岩屋ダムを通過して和良川と合流、下呂市金山町で飛騨川と合流する流路延長約70Kmの1級河川です。

目的(利水)

 

 岩屋ダムにより、最大毎秒45.69㎥の水が新たに生み出され、その水は愛知県、岐阜県、三重県、名古屋市、八百津町の3県1市1町に、かんがい(農業)用水、水道用水及び工業用水として供給されます。

目的(洪水)

 木曽川の洪水調節は、基準地点犬山における基本高水流量毎秒16,000㎥のうち毎秒3,500㎥を岩屋ダム、阿木川ダム、味噌川ダムなどの上流群により調節を行います、ダム地点における計画高水流量毎秒2,400㎥のうち毎秒2,100㎥の洪水調節を行います。
 岩屋ダムは、年間を通じダム貯水位を満水位より13m下げておき、ダムの総貯水容量の30%に相当する5,000万㎥を洪水調節のために確保しています。

 

 ダムの上流で大雨が降ると、ダムはその流入する水を貯めながら、ダム下流の河川からの被害が少なくなるようダムからの放流する水の量を調節します。(洪水調節)

洪水調節するには次のことを行います。
①流入量の計算
ダム上流の雨量観測所、水位観測所のデータ及びレーダー雨量計等の情報をもとにコンピュータ解析を行い、ダムへの流入量を把握します。
②洪水調節量検討
流入量計算をもとに、洪水調節する開始時期及び量を決めます。
③下流警報
河川への放流量が決まると河川の水位が上昇するため、注意のスピーカ放送やサイレン吹鳴を行い、ダム下流の河川やその周辺の人々に知らせます。
④洪水調節操作
流入量に応じて、発電をとおしての放流やゲートからの放流をします。

管理施設

放流設備

放流設備

洪水放流用設備は洪水調節時に使用し、最大放流量は2門で4,000㎥/sの放流能力があります。

雨量観測設備

雨量観測設備

雨量観測設備はダム上流7ヶ所に設置されており、無線通信により観測データを収集し,ダムへの流入量の把握に使用しております。

水位観測設備

水位観測設備

水位観測設備は上流2ヶ所、下流2ヶ所に設置されており、河川の流況把握に使用しております。

堤体観測設備

堤体観測設備

堤体観測設備は、ダムの内部に地震計、浸透水量計、変位計が設置されており、ダム本体の状況を監視しております。

水質観測設備

水質観測設備

水質観測設備は、ダムへの流入河川である西村ダム地点、弓掛地点並びに岩屋ダム及び馬2ダム貯水池地点に設置し、水質保全役立てています。

多重無線設備

多重無線設備

多重無線設備は、全国の水資源機構及び国土交通省と専用無線通信ネットワークを構成し、電話、LAN、映像、データ等の情報を通信する設備

警報設備

警報設備

放流警報設備は、洪水時にダムに流入する水を貯留しながら下流河川へ放流するため、川の中や周辺の人たちに増水する旨の注意放送やサイレンにて周知する設備です。

電源設備

電源設備

受変電設備はダム管理に必要な電気設備への電源供給を行います。

予備電源設備

予備電源設備

予備電源設備は商用電源が停電した場合、発電機を起動し、管理に必要な電源の確保を行う設備です。

諸  元

貯水池の諸元

ダムの諸元

      

受益地域

過去の洪水情報水 質 情 報入札公告情報(本社HP)契約関係情報(岩屋)PhotoGalleryサイトマップ

〒509-1602 岐阜県下呂市金山町卯野原6-27

TEL:0576-35-2339(代) FAX:0576-35-2021

MAIL:JWA_iwaya@water.go.jp