徳山ダム管理所ヘッダーイメージ徳山ダム管理所ヘッダーイメージ
トップページ > 徳山ダムの概要

徳山ダムの概要

ダムの計画概要

徳山ダムは、総貯水容量・堤体積日本一のロックフィルダムです。ここではダムの構造や貯水池の使用容量など、ダム計画概要について詳しく紹介します。

徳山ダムの諸元

区 分 内 容
位置 右岸:岐阜県揖斐郡揖斐川町開田、鶴見
左岸:岐阜県揖斐郡揖斐川町徳山、東杉原
型式 中央遮水壁型ロックフィルダム
堤高 161メートル
堤頂長 427.1メートル
堤頂標高 406メートル
堤体積 約13,700,000立方メートル

 

ロックフィルダムの堤体

ロックフィルダムの堤体は、コア、フィルタ、ロックの各ゾーンに区分されます。

ロックフィルダムの堤体のイラスト

<ダム堤体標準断面図>

コア(土)の写真コア(土)
粘土のような土を使用します。コアには水をせき止める、遮水材としての役割があります。

 

 

 

フィルタ(砂)の写真フィルタ(砂)
河床砂礫(かしょうされき)という砂混じりの砂利を使用します。ロックとコアの間にあって、コアがくずれないよう保護する役割があります。

 

 

 

ロック(岩)の写真ロック(岩)
岩や土を使用します。ダム本体の大半を占め、ダム自体の安定を確保する役割があります。

 


 

貯水池容量配分図

貯水池容量配分図

 

放流の動画

ショート版映像別ウインドリンクします(1分30秒、4.9MB)

ロング版映像別ウインドリンクします(5分、15.8MB)
※ブロードバンド(ADSL、光ファイバーなど)の環境の方におすすめします