関西管内防災操作実施状況(速報版)

台風21号に洪水に対し防災操作を実施しました。その効果については以下リンク先のとおりです。

 琵琶湖開発総合管理所
 木津川ダム総合管理所
 一庫ダム管理所
 日吉ダム管理所



 22日 22:10 900m3/sの一定放流台風第21号に伴う降雨に対し、防災態勢を継続中です。各ダムの防災操作(ダムの効果)については随時速報版を掲示しています。引き続き台風情報(降雨及び河川水位情報)及びダム操作状況にご注意下さい。

水資源機構関西・吉野川支社管内では、以下のダムにおいて、下流河川の被害防止・軽減を図るため、本則操作に比べダムから放流する量を減らす特別防災操作(※)を実施しました。


○高山ダム(本則は1,300m3/s〜1,800m3/sの定率定量放流)

 22日 22:10 900m3/sの一定放流
 23日 05:00 700m3/sの一定放流

○室生ダム(本則は300m3/sの一定放流)

 22日 19:00 250m3/sの一定放流
 22日 21:30 220m3/sの一定放流
 23日 03:00 200m3/sの一定放流

○青蓮寺ダム(本則は450m3/sの一定放流)

 22日 20:20 350m3/sの一定放流
 22日 21:30 310m3/sの一定放流
 23日 04:30 180m3/sの一定放流

○比奈知ダム(本則は300m3/sの一定放流)

 22日 20:10 200m3/sの一定放流
 22日 21:30 170m3/sの一定放流
 23日 04:50 45m3/sの一定放流

○日吉ダム(本則は150m3/sの一定放流)

 22日 22:40 60m3/sの一定放流
 23日 01:30 15m3/sの一定放流
 23日 09:40 本則操作に移行

※特別防災操作とは、下流河道の整備状況を勘案し、中小規模の洪水を対象に、操作後の貯水容量に余裕があると判断した場合には、ダムの洪水調節容量をより効果的に・効率的に活用し、貯留量を増やして放流量を低減させることで下流の被害を軽減すると操作のことです。

新着情報

2017/10/26
契約関係情報を更新しました。(入札公告「関西管内管理用水力発電所余剰電力売り払い」)
2017/09/29
水レター「びわ湖・よど川」vol.68を掲載しました。
2017/09/26
「平成29年度 淀川本部管内技術研究発表会開催のご案内(10月16日開催)」←詳細はこちら
2017/07/31
水レター「びわ湖・よど川」vol.67を掲載しました。
2017/07/19
平成29年度 水資源機構 関西・吉野川支社 優良工事等の表彰を行いました。こちらをクリック。
2017/06/28
気象キャスター、日吉ダム来所!!(日吉ダム管理所トップページにジャンプします。)
2017/06/15
ツイッターを始めました。
2017/06/08
第10回淀川水系ダム事業費等監理委員会の議事概要・会議資料を掲載しました。
2017/05/31
水レター「びわ湖・よど川」vol.66を掲載しました。
2017/04/24
平成29年河川功労者表彰について
2017/03/31
水レター「びわ湖・よど川」vol.65を掲載しました。
2017/03/24
水資源機構事業への寄付金募集を開始いたしました。
2016/09/30
日吉ダム最大流入時に約40%を貯留し、保津橋地点の河川水位を約0.04m低減しました。
2016/09/21
日吉ダム最大流入時に約64%を貯留し、保津橋地点のはん濫注意水位超過時間を短縮しました。
2016/09/19
一庫ダム、最大流入時に約80%を貯留し、ダム下流の河川水位を最大約129p低減しました。
2016/06/01
全国の事務所に地域防災連携窓口を設置(本社ホームページへ)

新着情報一覧へ

記者発表

記者発表関連資料がご覧になれます。

記者発表のページへ

 

カウンター

人目の訪問者です


寄付金募集

寄付金募集

湖面の光 湖水の命

《物語》世紀の水の大事業
〜琵琶湖総合開発〜

広報誌《水とともに》連載中。

《物語》世紀の水の大事業〜琵琶湖総合開発

入札情報メールマガジン

入札公告情報をメールにて配信

入札情報メールマガジン

電子入札情報

電子入札導入について

ダムカード

ダムカード

洪水軽減効果

ダム等による洪水軽減効果

ダム等による洪水軽減効果の記者発表資料です。

ページの先頭へ