水資源機構
かめ吉 草木ダムホームページ うさ子

草木ダムについて

  写真館


トップページ -> 草木ダムについて -> ダムの目的

ダムの目的


草木ダムは、渡良瀬川沿岸の洪水防御と、主に都市部の工業・水道用水の確保、渡良瀬川沿岸地域の農業用水確保、水力発電を行うことを目的として建設された多目的ダムです。昭和33年に建設省(現国土交通省)は、神戸ダム(後に草木ダムと改名)の予備調査に着手しました。その後、昭和40年 に急増する水需要に対応するため、水資源開発基本計画に神戸ダムが掲上され、建設省から水資源開発公団(現水資源機構)に事業が継承されました。昭和42年から本 格的に建設事業に着手し、補償問題、建設反対運動、足尾銅山の鉱毒対策、物価の上昇など様々な難問題に直面しながら建設が進められました。約10年後の昭和52年3月、 総工費約500億円の費用をかけ、草木ダムは完成しました。

【洪水調節】
昭和22年にカスリーン台風が上陸し、多数の被害が出ました。渡良瀬川流域は利根川流域のおよそ1/3である709名にも及ぶ死者・行方不明者を出しました。草木ダムは、 このような洪水に対して渡良瀬川の洪水被害を軽減させる役割を担っています。
雨が降り続くにつれて上流からダムに入ってくる水量はどんどん増えていきます。そこで、水量が毎秒500m3を超えたときから、水量の一部をダムで貯め込み、ダムに流れ込んでくる水より少ない水を放流することで、下流の洪水被害を軽減させています。
(右図:草木ダム洪水調節図を参照)

【河川の流水の正常な機能の維持】
本来河川がもっている舟運、漁業、観光、地下水の維持、水環境の保全、既得用水の確保などの機能を年間をとおして保つため、水の少ないときにダムに貯めた水を流しています。
(右図:河川の流水の変動を参照)

【新規利水】
雨などにより川の水が多い時にダムに貯めた水を、農業用水、工業用水、水道用水に利用しています。
(右図:河川の流水の変動と、利水分配計画を参照)

【発電】
ダムからの放流は、通常、群馬県営の4発電所(東、東第二、小平、高津戸)を通じて下流に流しています。 水の落差エネルギーを利用して最大62,040kW、約2万世帯分の発電を行っています。
(右図:発電の概要を参照)
<草木ダム洪水調節図>
洪水調節図
※計画洪水が流入した場合、ピーク時において、毎秒1,880m3のうち、毎秒1,240m3を貯め込み、下流に毎秒640m3を放流します。

<河川の流水の変動>
河川の流水の変動
※大雨時などに貯めておいたダムの水を、河川流量が減ったときに放流して、安定的な水の供給及び流水の正常な機能の維持を図っています。

<利水分配計画>
農業用水供給量  水道用水・工業用水供給量

※工業用水、水道用水とダム間連携運用
草木ダムと四万川ダムは川筋違いの利水者をもつことから、国土交通省、群馬県、水資源機構の3者で協議し、 ダム間で連携運用を行っています。
草木ダムと四万十川ダムで連携運用

<発電の概要>
発電のしくみ

独立行政法人水資源機構 草木ダム管理所
〒376-0303 群馬県みどり市東町座間564-6 TEL:0277-97-2131(代表) FAX:0277-97-3035