さめうら湖の利用

早明浦湖を利用して、モーターボート遊ぶ様子早明浦湖を利用して釣りをする様子

 

さめうら湖は、ボート等を持ち込んで湖面を利用することができます。
ただし、さめうら湖は下流地域の重要な水源であることから、ダム管理者や自治体等関係機関により構成する「さめうら湖協議会」において湖面利用ルール等を取り決めており、その取り決めに基づいて「NPO法人さめうらプロジェクト」が利用者の管理や利用ルールの周知を行っています。
多くの人や船が安全・快適にさめうら湖を利用できるよう、ご協力をお願いします。
また、ダム管理上の事情や気象条件により、予告なく湖面の利用を禁止することがあります。

 

湖面利用時の登録について

船による湖面の利用にあたっては使用する船や所有者等の情報を事前に、登録する必要があります。登録の手続きは、NPO法人「さめうらプロジェクト」にて受付しております。

登録方法・お問い合わせはこちら

湖面利用エリアや駐車可能場所について

さめうら湖で動力船(モーターボート等)を航行させる際には、リンク先の図に示すとおり、湖内のエリアによって航行速度の制限を設けています。
また、湖面利用の際に車両の駐車が可能な場所をリンク先の地図に示しています。

湖面利用エリア図はこちら

駐車可能エリア図はこちら

土佐町スロープの利用可能水位について

車両によるスロープの使用は標高308mまでです。(スロープ横に目印の旗があります。)
それ以下の範囲に車両を進入させてはいけません。
朝の時点で標高308mを越えていても、夕方までに水位が下がり標高308mを下回ることがあります。
水位が標高308mを下回った際は、出航している船も速やかに帰航しボートの引き上げを行ってください。
特に、今後秋にかけては貯水位が1日で50cm以上下がることもありますので、ご注意ください。

[貯水池分画フェンスについて]
貯水池内の三ツ石付近と大川橋下流の2カ所に、淡水赤潮の拡散を防止する分画フェンスを設置しています
通航の際には、十分に注意して操船してください。

詳しくはこちらをご覧下さい